最新家電事情 デジタル化することのデメリット

最新家電事情 デジタル化することのデメリット

デジタルカメラなどの家電の進化は便利な反面…

最近デジタル技術を使った家庭用電化製品が増えている。デジタル技術と言われても私にはピンとこないけれど、デジタルカメラと、デジタルじゃない普通のカメラの違いを思い浮かべてみれば、電気機器関連にとんと疎い私でも、なんとなく違いがわかる。普通のカメラで撮った写真はいちいち現像に出さないと見る事が出来ないし、整理も加工も手作業で行う事になる。遠くはなれたところに住む親戚に贈ろうと思ったら、郵便配達を利用して何日もかけて送らないといけない。

その点、デジカメで撮った写真はデジタルデータだから、整理も加工もパソコン上でさくっと出来る。アナログだと写真が増えすぎて整理が追いつかず困る事があるけど、デジタルデータなら、記録媒体の要領さえあれば増えても困る事はない。まあ、フォルダの中ぐちゃぐちゃだから見やすいようにしなきゃとはいつも思うけど。メールで画像のやり取りも簡単に出来るので、撮った写真を見たがっている人がいれば一瞬で送ることが出来る。データをネット上にUPして不特定多数の人に見せる事も出来る。デジタルよりもアナログの写真の方が優れている点とか、アナログでないと出来ない事も沢山あるのだろうけど、私みたいなプロの作品としてではなく、単なる趣味や日常の記録として写真を撮るだけの人間にとっては、まことにありがたい進化を遂げてくれた物だと思う。

ただ、実家の母親は私が買ってきたデジタルカメラを、出かける時に勝手に持って行ったはいいが、一切使いこなせずに帰ってきた。昔から新しいことを覚えるのが苦手、難しいことは嫌いな人だったので、デジタルカメラの複雑さについて行けなかったのだろう。使いこなせる人用に進化した家電を開発し続けるかたわら、使いこなせない人、使いこなす気がない人用に、機能を極限まで減らして使いやすさに特化したかんたん家電をどんどん出したら売れるんじゃないかな。単価が安くて採算が取れないから、あんまりやりたくないのかも…。

 比べてお得!

Copyright (C)2016最新家電事情 デジタル化することのデメリット.All rights reserved.